そばの里 in 十勝新得町

  • 歴史・風土
  • そば振興の取り組み
  • 品質の高さ
  • 新得のそばの歴史新得のそば 120年の歴史

    荒地でも育つソバは十勝の開拓期から入植者にとって欠かせない作物だった。

    「聞き書 北海道の食事」(農文協)の「道東十勝の食」には、開墾後の作付けについて「大木を切り倒した後の荒地には、まず、そばを播く」と当時の様子が記されている。

    新得町の和人による開拓は、1899年、山形県東根市出身の村山和十郎らの入植によって幕を開けた。「新得町百年史」には、前述のように開墾当初にそばをまきつけたことが書かれている。新得のそばの原点は開拓期にさかのぼり、120年近い歴史を持っている

    村山和十郎
    手刈りによるソバの収穫作業
    第1回の「しんとく新そば祭り」のわんこそば大会
    しんとく新そば祭りの様子

    A 山形県から入植した新得町開拓の租、村山和十郎

    B 手刈りによるソバの収穫作業。開拓期から新得ではこうした光景が普通だった。

    C 2002年に行われた第1回の「しんとく新そば祭り」のわんこそば大会。1回目の会場はJR新得駅北広場だった。

    D 第3回目の「しんとく新そば祭り」。来場者が初めて1万人を突破する1万5000人に上り、用意した駐車場が満杯となり、急きょ、陸上競技場などに駐車スペースを確保した

    播種からわずか2カ月余りで収穫

    ソバが重宝されたのは、痩せ地でも育つ上に種まきから2か月余りで収穫でき、連作に強く、除草など管理作業を必要としない―などの利点があるためだ。半面、ソバを連作すると、土地がやせるため、農地の整備が進むと、他の作物へ移行した。

    ただ、新得では、大正、昭和になってもソバの作付けは維持された。冷害となった1931年の町内のソバの作付面積は、1200ヘクタール、農作物の全体作付面積の4分の1に上った。32年の作付けは872ヘクタールと管内他町村をはるかにしのぎ、「開花期には一面がそばの白い花によって見事な景観を見せていた」(「新得町百年史」)という

    ふるさとのそばを継承する

    先祖が村山和十郎らとともに山形県から入植した柴田信昭さん(71)=元新得農協参事=は、山形県がそばの産地だったことが今につながったとみる。「そば打ちは、祖母らの仕事で、年越しそばの他、客人が来るとそばでもてなした」(柴田さん)。望郷の強い思いに駆られる入植者の心の奥底にそばは深く根を下ろしていた。

    ソバを取り巻く状況は1975年に入ってから大きく変わる。十勝管内では、49年のソバの作付面積は6550ヘクタールあったが77年には952ヘクタールまで減少、現在は684ヘクタール(平成26年)にとどまる。小麦への作付け奨励金の交付でソバが小麦へシフトしたことや、安価な海外産ソバの輸入増が要因とみられる

    駅そばで知名度上げる

    こうした逆風の中、新得は、国鉄時代の駅そばで知名度を上げ、1974年には製粉、製麺を一貫して行う「新得物産」(当時新得そば)が設立され、「新得そば」のブランド化に成功した。

    2001年の石勝線開通20周年を記念したそばのイベントをきっかけに翌年からスタートした「しんとく新そば祭り」の効果は大きかった。

    毎回、新そばを楽しみに2万人が来場し、新得のそばが口コミで広がった。15回目を迎えた16年は日本そば博覧会と併催し、福島、茨城、山形のそばどころからも出店し、イベントとして規模、内容ともに発展させた。

    また、町内の生産者らが全国そば優良生産表彰(日本蕎麦協会主催)をこれまで4回受賞し、ソバの産地として名実ともに有名になった。

    そばによる地域づくりを促進

    新得のソバの作付けは現在も263ヘクタール(2014年)と十勝ではトップの座を維持しているが、3000ヘクタールを超える全国一の産地、上川管内幌加内町には及ばない。

    ただ、新得は、昔からソバの品質の高さで評価を受けてきた。新得町の浜田正利町長は「そばの町として新得のブラントを守り続けたい。新得でそばを食べたら、おいしかったと感じてもらえるよう努めたい」とそばによるまちづくりの一層の取り組みを訴えている。

  • そば振興の取り組み町、農協、苦境期に生産者を支援し、ソバを守る

    農協、生産性向上を目指してソバを試験栽培

    「新得の特産品としてのそばを今後も守り続ける」。新得のそばが有名になるまでの道のりは平坦ではなかった。JA新得町の武田昌孝参事は過去の取り組みを振り返りながら将来への決意を語る。

    昭和49(1974)年に設立された新得物産の社屋
    現在の新得物産の社屋
    蕎麦 栽培の現状と課題
    ソバ専用の調整施設

    A 1974年に設立された新得物産の社屋。当時は、新得町市街地の国道38号沿い(4条南7丁目)にあり、1992年に現在地へ移転した

    B 現在の新得物産の社屋(基線104番地)

    C 新得町図書館に収蔵されているソバ栽培の手引き「蕎麦 栽培の現状と課題」

    D 2016年3月にJA十勝清水町の西十勝農業センターに完成したソバ専用の調整施設。新そばの早期出荷が期待されている

    収量で小麦と大きな格差、生産性向上が課題に

    新得のソバは、戦後、他の作物や畜産の振興で作付面積が縮小した。しかし、町やJA新得町では、開拓期から栽培を続けてきたソバを手放さなかった。

    ソバは、小麦と比べると生産性が低い。10アール当たりの収量は80キロ程度。これに対して小麦は約450キロ。農家への収入では大きな差があり、ソバの作付け拡大には生産性の向上が大きな課題だ。

    独自で試験栽培、農水省へも伝わる

    ソバの研究は、国が生産に力を入れている米や小麦と比べると取り組みが弱く、品種改良なども遅れている。

    このため地域では、独自で動いた。JA新得町は、1975年前後に10年間にわたって町内の圃場でソバを試験栽培し、種の蒔き付け時期、種の播種量、施肥量などのデータを収集した。88年には、農業改良普及所などの協力を得てソバ栽培の手引き「蕎麦 栽培の現状と課題」をまとめた。

    良質なソバを作るには手刈りがよいとされる。ただ、手刈りでは生産拡大は難しい。このため、町や民間企業と共同で収穫機械の開発にも取り組み、生産者から収穫作業を受託するコントラ事業にも取り組んだ。

    こうした取り組みは、すべてが十分な成果を上げたわけではないが、生産性向上に寄与し、新得の10アール収量は3俵(135キロ)近くまで達している。

    地道な試験栽培の取り組みは、農水省へも伝わった。元JA新得町参事、柴田信昭さん(71)は「農水省でソバの研究先を尋ねたら1番は信州大学、2番目はJA新得町と言われた」と思い起こす。

    早くから加工も手掛ける

    JA新得町は、ソバの加工にも早くから着手した。戦後間もなく、農家から加工料を徴収し、玄ソバで乾麺を作る事業を始めた。1974年には、町内有志との共同出資で新得物産(当時、新得そば株式会社)を設立し、翌年には乾麺工場の操業をスタートさせた。

    当時の会社パンフレットには佐々木忠利町長、JA新得町の岩野勝組合長が新得のそばについて「開拓以来、栽培が続けられ、品質風味は信州そばに勝るとも劣らない」「日本一」などと述べ、そばへの自信と新工場に対する熱い思いを伝えている。

    専用調整施設完成

    最近の取り組みでは、2016年3月に総工事費2億6000万円でJA十勝清水町の西十勝農業センターに完成させたソバ専用の調整施設が大きい。収穫したソバに混じった異物を除去するもの。小麦の施設を利用してきたが、ソバが混入する恐れがあった。新得、清水、ふらのの3JAが共同利用し、1シーズンで700ヘクタールの作付けに相当する765トンを処理できる。

    新施設によって新そばの出荷時期が早まり、「安全安心なソバ産地の確立が図られる」(JA新得町)。管内でソバ専用施設の新設は極めて珍しい。

    生産奨励金で支えて乗り切る

    JA新得町のソバ農家は18戸、作付面積は約260ヘクタール。2010年度から経営安定対策の交付金の支給が始まり、近年は作付けが拡大したが、1975年から数年間は100ヘクタールを切り、苦しい時期があった。

    当時、町、JA新得町では、「新得からソバをなくせない」と生産奨励金などを支給し、農家からの買取価格を引き上げ、生産者を支えた。

    武田参事は「新得産ソバの出荷先は、関東方面のそば店などで、取引先とは固い関係で結ばれている。さらに品質の高いソバを届けられるよう努めたい」とソバ振興に意欲をみせる。

  • 品質の高さ評価の高い新得のそば

    冷涼な気候、整備された圃場、恵まれた環境で良質なソバを生産

    新得のそばは品質や収量の高さで知られる。ソバ栽培に適した環境や条件に恵まれていることが背景にあり、取引先の信頼を得ている。

    国道38号のそばロード
    大型コンバインによるソバの収穫作業
    収穫した直後のソバの実。品質の高さで昔から好評だ
    昨年9月の新そば祭りでそばを味わう来場者。

    A 一面にそば畑が広がる新得・国道38号のそばロード

    B 大型コンバインによるソバの収穫作業

    C 収穫した直後のソバの実。品質の高さで昔から好評だ

    D 2015年9月の新そば祭りでそばを味わう来場者。開拓期から続くソバ生産の継承を願う声は多い

    ソバは湿地を好まず

    新得がソバの栽培に適しているのは、大雪、日高山系のすそ野にあり、気候が冷涼なためだ。1981年から30年間の新得の年平均気温は6・6度、帯広を0・2度下回り、8月の平均最高気温も帯広より低い。

    良質なソバの条件として実を付ける段階になると寒さが必要になる。「寒さから実を守ろうとデンプン質を蓄え始める」と元JA新得町元参事の柴田信昭さん(71)はそばがおいしくなる理由を話す。

    ソバ産地では、水稲の転作を契機に本格栽培を始めた例が多い。ソバは湿地を好まないため、排水などの湿害対策に迫られている。その点、新得を含めた十勝は、畑作地として圃場が整備され、水田のような湿害対策の心配はない。JA新得町では「新得は畜産も盛んで畑を肥やす堆肥は十分にある」と優位性を強調する。

    「レラノカオリ」へ全面移行、新品種に期待

    町内での栽培品種は、道内他産地と同じように「牡丹(ぼたん)そば」「キタワセソバ」が多かったが、北海道農業研究センター(芽室)が育種した「レラノカオリ」(2010年に品種登録)へ2014年に全面移行した。

    「レラノカオリ」は「キタワセソバ」と比べ、早熟、多収で製粉歩留りがよいなどの長所を持つ。同JAでは「実の付きがよい」と新品種に期待する。

    「新得のそばは別格」取引先、高い評価

    東京の老舗、そば店「小松庵」は20年以上も前から新得から玄ソバを仕入れている。担当の品質管理者、小池智之さん(37)は新得のソバについて「味、色、風味、舌触り、のどごしなど総合的に優れ、品質も安定している。当店では国内10銘柄のそばを扱っているが、新得は別格」と品質の高さを絶賛する。

    さらに、今後の生産の継続を強く要望。「客の中には新得ファンもいる。現在の態勢を継承していただき、末永く生産を続けてほしい」と訴える。

  1. ホーム
  2. 新得産そばの特徴